メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説

自民総裁選が告示 安倍政治の総括が不十分

[PR]

 安倍晋三首相の辞任表明を受けた自民党総裁選が告示された。7年8カ月に及ぶ安倍政権の功罪を検証し、何を引き継ぎ、何を変えるのかを明確にする必要がある。

 石破茂元幹事長、菅義偉官房長官、岸田文雄政調会長の3人が立候補した。

 石破氏は、国のあり方を作り直す「グレートリセット」を主張し、菅氏は安倍政権の「継承」を掲げた。岸田氏は、政治の「聞く力」の重要性を強調した。

 ただ、初日の論戦を聞く限り、安倍政権の総括をめぐる議論は不十分だ。

 菅氏は、新型コロナウイルス対策をはじめ、経済、外交政策も安倍政権を継承すると語った。

 しかし、政府のコロナ対応については国民の不満が強い。アベノミクスは成長戦略の成果が上がらず、コロナ禍の前から行き詰まっていた。「継承」というだけでは説得力を欠く。

 石破氏と岸田氏は、アベノミクスの恩恵は中小企業や地方に届いていないとし、格差是正に取り組むと主張する。菅氏は、こうした結果が出せていない点についても認識を示さなければならない。

 森友学園や加計学園の問題、「桜を見る会」などの疑惑について国民の不信は解消されていない。

 岸田氏は、政府は説明責任を十分果たしていないと指摘し、石破氏は解明に取り組む考えを示している。菅氏は、問題は解決済みとの姿勢を繰り返しているが、それでは済まされない。

 事実上の次期首相を選ぶ総裁選だ。他の候補の主張で良いアイデアがあれば取り入れ、実現を目指す前向きな論戦を期待したい。

 菅氏は党内7派閥のうち5派閥から支持を受け、圧倒的に優位な情勢だ。候補者選びは派閥の都合で進み、女性候補は出馬できなかった。

 党執行部は、「コロナ下で政治空白は許されない」として党員投票を見送った。両院議員総会を開き、国会議員と都道府県連代表による投票で選出する。国民に近い党員の声に耳を傾けるため、党員投票を実施すべきだっただろう。

 国民に開かれた総裁選にする必要がある。個別の政策だけでなく、どんな国造りを目指すのか、中長期の展望を示すべきだ。

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 櫻井翔、トレーニングで“継続は力なり”を実感「続けることが大切」

  2. 取り込み詐欺、6億円被害か 5容疑者逮捕 エアコンなど260台 /東京

  3. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  4. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

  5. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです