メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

空襲被害者補償、精神疾患も対象 議連、法案提出目指す

 第二次世界大戦での民間人空襲被害者らへの補償問題解決を目指す超党派の「空襲議連」(会長=河村建夫元官房長官)が8日、国会内で総会を開いた。懸案となっていた特別給付金の支給対象について、精神疾患を負った人にまで広げることを確認。早期に法案の国会提出を目指すことも確認した。

 議連が2017年に作成した法案骨子は、…

この記事は有料記事です。

残り160文字(全文316文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 新閣僚「人となり報道」は本当に必要か? 香港からの問いかけ

  3. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  4. 自民・高鳥衆院議員が新型コロナに感染 国会議員で初

  5. 東京で新たに220人の感染確認 200人超えは6日ぶり 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです