メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲 両国駅利用者見守るウルフ 千代の富士、優勝額掲示

 大相撲の元横綱・千代の富士(先代九重親方)の優勝額が8日、東京都墨田区のJR両国駅構内に掲げられた=写真・松田嘉徳撮影。同日、除幕式が行われ、弟子の九重親方(元大関・千代大海)が「相撲の聖地、両国で駅の利用者を見守ってほしい」とコメントを寄せた。

 千代の富士は歴代3位の優勝31回を誇り、角界初の国民栄誉賞も受賞。2016年に61歳で急逝した。優勝額は縦3.2メートル、…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文467文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 土俵際の逆転不発で正代4敗目 行司と重なる不運、目立った「危ない相撲」

  3. 「存在しません」東京五輪ツイッター公式アカウント 規約抵触で 24日午後に復旧

  4. 菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

  5. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです