メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

茂怜羅オズさん=ビーチサッカー日本代表の選手兼任監督に就任

 日本が過去最高に並ぶ4位となった2019年のビーチサッカーのワールドカップ(W杯)パラグアイ大会で大会最優秀選手に選ばれた。キャプテンとしてチームをけん引しながら、チーム最多タイの7得点。選手として「世界一」の肩書とともに、来年のW杯ロシア大会に向けて日本代表の指揮を執る。

 1995年に第1回世界選手権が開催された「ビーチサッカーの聖地」と呼ばれるブラジル・リオデジャネイロのコパカバーナで生まれ育った。6歳で本格的に始め、16歳でプロ契約を結んだ。06年にドイツでプレーし、07年にオファーを受けて21歳で来日。沖縄が拠点のチームに所属し「故郷に似ていた。日本で…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文712文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 新閣僚「人となり報道」は本当に必要か? 香港からの問いかけ

  3. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  4. 自民・高鳥衆院議員が新型コロナに感染 国会議員で初

  5. 東京で新たに220人の感染確認 200人超えは6日ぶり 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです