メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

感染症と闘う

新型コロナ 血漿療法、効果に期待

回復した人の血漿を使った治療法

 新型コロナウイルス感染症による死者を減らすため、回復した人の血液に含まれる「血漿(けっしょう)」という液体成分を使った治療法の研究が進められている。これまでは新型インフルエンザなどの既存薬を転用していたが、新型コロナに特化した治療法が開発できれば、多くの患者を救えるようになる可能性がある。

 ●回復者に協力要請

 「あなたは生存者だ。ヒーローになれる」。武田薬品工業は海外の製薬企業と連携し、新型コロナ感染症から回復した人に、ウェブサイトでこう呼びかけている。血漿を回復者に提供してもらうのが狙いだ。

この記事は有料記事です。

残り1154文字(全文1404文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  2. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  3. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  4. 検証プラス・新型コロナ 経済対策迷走①特別定額給付金 「一律10万円」で綱引き、遅れた給付

  5. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです