メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外巨人、セ・リーグ2連覇 38回目
感染症と闘う

新型コロナ 血漿療法、効果に期待

回復した人の血漿を使った治療法

 新型コロナウイルス感染症による死者を減らすため、回復した人の血液に含まれる「血漿(けっしょう)」という液体成分を使った治療法の研究が進められている。これまでは新型インフルエンザなどの既存薬を転用していたが、新型コロナに特化した治療法が開発できれば、多くの患者を救えるようになる可能性がある。

 ●回復者に協力要請

 「あなたは生存者だ。ヒーローになれる」。武田薬品工業は海外の製薬企業と連携し、新型コロナ感染症から回復した人に、ウェブサイトでこう呼びかけている。血漿を回復者に提供してもらうのが狙いだ。

この記事は有料記事です。

残り1154文字(全文1404文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 4800万円脱税罪、人材派遣会社を起訴 横浜地検 売り上げ6億円申告せず

  2. 神奈川・逗子斜面崩落 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  3. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです