メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウクライナが欧州極右過激派の「戦場の実験場」に 政府軍、親露派双方に「従軍」

軍事訓練を行うウクライナの親露派組織の兵士=ウクライナ東部ドネツク郊外で2020年8月25日、ロイター

 政府軍と親ロシア派武装勢力の紛争が続いてきたウクライナに西欧各国から極右過激派が入国し、双方に「従軍」している実態が専門家の調査などで判明した。イスラム過激派にとってのシリアなどと同様に、欧州の極右過激派にとってウクライナは「実戦参加」の場として認知されているとみられる。

 安全保障問題研究で知られる米シンクタンク「ソウファン・グループ」は2019年9月に出した報告書で、ウクライナ紛争が始まった14年から19年6月までに最大1万7000人以上の外国人戦闘員がウクライナ政府軍と親露派の双方に参加したと推計した。ロシア人が約1万5000人と大半を占めるが、残りの約2000人のうち、旧ソ連・東欧を除く西欧出身者は最大約480人。内訳は最大でドイツ165人▽フランス65人▽イタリア55人▽オーストリア50人――など。北米や南米などからの参加者も一定数いる模様だ。

 過激思想に染まり、戦闘に参加する――。この図式は従来、イスラム過激派に感化された欧州の若者らが過激派組織「イスラム国」(IS)などに参加するため、シリアやイラクに渡るケースが知られてきた。こうした中、今回の報告書ではウクライナ国家警備隊の一部が白人至上主義やネオナチ的思想を持つ西側の戦闘員を勧誘してきたと指摘。イスラム過激派が中東での紛争を利用して戦術・技術面での交流を深め、国際的なネットワーク…

この記事は有料記事です。

残り997文字(全文1579文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ GoTo 東京発着 高齢者らに自粛要請 都知事、首相と合意

  2. ドイツで歩行者区域に車 通行人2人死亡 運転の51歳を逮捕

  3. 一緒に飲み明かした女性に「家に送って」と誘われ…男性を陥れた巧妙手口とは

  4. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  5. コロナで変わる世界 第1部 くらしの風景(その2止) 埋もれる乳がん 欧米、隠れた「第3波」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです