岐阜の不登校特例校、年間授業時間4分の3 教委が指導概要 10、12月に説明会

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
不登校特例校の設置が計画されている旧徹明小学校=岐阜市金宝町4で、高橋龍介撮影
不登校特例校の設置が計画されている旧徹明小学校=岐阜市金宝町4で、高橋龍介撮影

 2021年4月に開校する岐阜市の不登校特例校「草潤(そうじゅん)中学校」について、岐阜市教育委員会は年間授業時間を一般校の4分の3に減らすことを柱とした指導概要をまとめた。市教委は19年6月の設置方針決定後、文部科学省との協議や先行事例を研究したうえで、指導計画の策定を進めていた。10月と12月に、同校への転入学を考える生徒や保護者を対象とした学校説明会を予定している。【駒木智一】

 不登校特例校は、不登校の児童や生徒の実態に配慮した特別の教育課程を編成する必要がある場合、文科相の指定を受けた学校が、特別の課程で教育を行うことができる制度で、全国15の小・中・高校が指定を受けている。県内では揖斐川町の私立西濃学園中学校が17年4月に開校した。公立では草潤中学校が東海3県で初となる。

この記事は有料記事です。

残り451文字(全文796文字)

あわせて読みたい

注目の特集