「和歌山梅酒」国のGI指定 「灘五郷」に続け!ブランド力高め、世界へPR

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
GI和歌山梅酒認証ロゴ=GI和歌山梅酒管理委員会提供
GI和歌山梅酒認証ロゴ=GI和歌山梅酒管理委員会提供

 「和歌山梅酒」が7日、国が指定する「地理的表示(GI)」に選ばれた。国税庁によると酒類の指定は全国で13例目で、リキュールの指定は初めてという。

 GIに指定された名称は、生産団体が定めた生産地や生産方法などの基準を満たした生産者だけが使用できる。ブランドを知的財産として保護する取り組みで、価値を高める狙いがある。日本では北海道夕張市の「夕張メロン」や、酒類では清酒の「灘五郷」(兵庫県)などが指定されている。

 2019年の和歌山県内での梅酒生産量は約245万リットルで、全国シェアの約1割を占める。県内の梅酒製造業者らは、全国の生産量の約6割を誇る県産梅を使用した梅酒を世界にPRしようと、基準を定める会議を重ね、20年6月に国税庁に申請していた。

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文624文字)

あわせて読みたい

ニュース特集