特集

2020大阪都構想

2020年11月1日投開票の大阪都構想住民投票を巡る動きを追います。

特集一覧

大阪都構想 賛成の公明「住民サービス守る提案、反映された」「感染症の状況見極めを」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大阪市議会で行われた都構想の制度案の採決=大阪市北区で2020年9月3日午後3時21分、加古信志撮影
大阪市議会で行われた都構想の制度案の採決=大阪市北区で2020年9月3日午後3時21分、加古信志撮影

 公明党(西徳人市議)=賛成討論

 私は公明党大阪市会議員団を代表し、議案第134号「特別区設置協定書の承認について」並びに第135号「令和2年度大阪市一般会計補正予算(第5回)」について、賛成の立場から討論をさせていただきます。まず冒頭に、新型コロナウイルス感染症でお亡くなりになった方々に心から哀悼の意を表しますとともに、療養中の方々の一日も早いご回復をお祈り申し上げます。また、連日連夜にわたり、最前線でご尽力いただいております医療福祉をはじめとしたエッセンシャルワーカーの皆さまや、困難な状況の中、新型コロナウイルス感染症の拡大防止策に多大なご理解、ご協力いただいております市民の皆さまにも心から感謝申し上げます。

 我が党は、大阪が日本経済のけん引力として発展するため、二重行政による無駄の解消や、大阪関西の広域的な行政連携に積極的に取り組むべきと考えてまいりました。そのため関西の中核となる大阪市の大都市制度改革は、必要不可欠であり、その具体化に取り組んでまいりました。2012年8月、国会において、我が公明党が推進をし、与野党の賛成多数で大都市地域特別区設置法を成立させ、大阪都構想の実現に法的な根拠を与えたのもその姿勢の表れであります。法定協議会においても私たちはどこまでも住民目線で審議を進めてまいりました。だからこそ、住民サービスが低下する懸念や、コストの問題などを踏まえ、スケジュールありきで性急に議論を進めることに対しては一貫して反対してまいりました。つまり、改革の方向性には賛同し、どこまでも市民の暮らしや住民サービスを守るための制度設計にするべき立場で尽力してきました。しかしながら、一方で、都構想による住民サービスの低下など、懸念する声も数多く寄せられてきました。

 そこで我々は、それらの声を重く受け止め、特別区素案に対し、市民の暮らしを守る四つの具体的な改善点を提案しました。すなわち、1点目に、大阪市民の住民サービスを低下させないこと、2点目に現在の区役所機能を維持すること、3点目に、設置コストを最小限に抑えること、最後に、全ての特別区に児童相談所を設置すること、を強く求めてまいりました。

 この四つの提案をもとに、第24回以降の法定協議会においては、住民サービスの維持、拡充と大阪のさらなる成長、発展をめざし、特別区設置協定書づくりに取り組んでまいりました。こうした我が会派の主張が全て受け入れられ、本臨時会の代表質疑においても、市長から、「公明会派から住民目線にたった前向きで建設的な提案をいただき、大阪の成長と安全安心で豊かな住民生活の実現に向けた、よりよい制度案、協定書をとりまとめることができた」との答弁がありました。加えて今臨時会における常任委員会の審議を通じても、広域事業の一元化による効果で、災害、感染症対策といった危機対応の強化、また、教育、子育て施策の充実、現行の24区役所を活用することによる、窓口、住民サービスの維持、拡充という観点から、大阪のさらなる成長発展、身近な住民サービスの充実について検証、確認を行いました。この議論を通じて、都構想の意義を明らかにしてきたところですが、今後予定されていますコロナ禍での住民投票の実施について一言申し上げます。新型コロナウイルス感染症については、知見にも限りがあり、住民投票の実施期間における感染拡大状況を予測することは非常に困難であります。そのため、財政総務委員会においても、医療崩壊の危機が迫るなど、府民市民の生命を脅かす恐れがある場合に、住民投票の繰り延べ投票、または中止等あらゆる手段を検討し、しかるべき判断を行うことなどを求める付帯決議が付されたところであります。市長におかれては可能な限り、感染症の状況を見極めていただいたうえで、適切な判断をお願いしておきます。

 以上、縷々(るる)申し上げましたが、今臨時会に提出されております特別区設置協定書は、我が会派が終始一貫、住民目線に立ちながら行ってきた、一連の取り組みが反映された結果として提出されたものであり、公明党大阪市会議員団は本議案の承認、並びにその他の議案についても賛成いたします。最後になりますが、代表質疑において市長が明言されたとおり、市民一人一人が制度について十分理解した上で、投票が行えるよう、十分かつ丁寧な説明を尽くしていただくよう、改めて強く要望いたしまして、我が会派の討論とさせていただきます。ご清聴ありがとうございました。…

この記事は有料記事です。

残り-148文字(全文1852文字)

【2020大阪都構想】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集