メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食品廃棄物が食器に エコな「バイオプラ」開発進む プラごみ削減に期待

使用済み茶葉を再利用して作られた皿「edish(エディッシュ)」=丸紅提供

 生物由来で自然分解しやすい「バイオプラスチック」の原料を食品廃棄物から取り出し、食品包装容器や食器を作る取り組みが始まっている。バイオプラの原料は従来、トウモロコシやサトウキビから抽出していたが、食品ごみを活用すれば環境負荷を少なくできる。新型コロナウイルスの感染拡大で飲食物の持ち帰りが増える中、プラスチック容器の削減にもつながると注目されている。

 バイオプラを研究・開発する事業革新パートナーズ(BIPC、川崎市)と電通テック(東京都千代田区)は8月、ビールを製造する過程で発生する大麦の搾りかすから、バイオプラの原料となる「ヘミセルロース」を抽出することに成功したと発表した。この技術を使い、透明なコップや食品包装容器などの生産を近く始める。

この記事は有料記事です。

残り885文字(全文1210文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. ODAでソロモン諸島に配備した防災連絡システム、約3年使われず 検査院指摘

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  5. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです