メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

DeNA佐野の好調支える入念な反省と準備 打率首位も「気にしていない」

五回裏DeNA1死一、三塁、佐野が右中間に2点二塁打を放つ=横浜スタジアムで

 とにかく勝負強い。DeNAの4番・佐野が中盤までの2度の好機でいずれも適時二塁打を放って計3打点。プロ4年目で初めて月間MVPに輝いた8月の勢いは、秋を迎えても衰える気配はない。

 追いついた直後の一回1死二塁、阪神・青柳の外角に浮いた球を逆らわずにはじき返した。打球は鋭く三塁線を破り、勝ち越しの適時二塁打。「コンパクトなスイングで捉えることができた」と表情を緩めた。

 四回に投手の足元を破る内野安打を放つと、五回1死一、三塁では低めの変化球を引っ張って右中間へ適時二塁打。早々と3試合連続3安打として、好調ぶりを見せつけた。

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文634文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  2. 「最下位おかしい」魅力度ランキングで栃木県 11月知事選の争点に

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. バイデン氏にリード許すトランプ氏に勝ち目がある理由とは 負けても粘る「蜃気楼」宣言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです