特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

「eスポーツを次への成長の場に」 全国高校サッカー常連校がオンライン大会出場へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 日ごろピッチを駆け巡っている高校サッカー部の選手らがサッカーゲームで対戦するeスポーツの大会が20日、北九州市などで開かれる。新型コロナウイルスの感染拡大で全国高校総体(インターハイ)が中止になり、一時は全国高校サッカー選手権も開催が危ぶまれた選手らにとって、大会は心を奮い立たせてくれる目標の一つだった。全国高校サッカーは地方予選が無事始まり、選手らは待ちに待った晴れ舞台をイメージしながらeスポーツでの活躍も目指す。

 出場するのは全国高校サッカー常連校の高川学園(山口県防府市)の他、豊国学園(北九州市)、福翔(福岡市)、福智(福岡県田川市)の各サッカー部。加えて日本文理大付(大分県佐伯市)と京都広学館(京都府精華町)は、全国大会出場経験があるeスポーツ部が参戦する。

この記事は有料記事です。

残り961文字(全文1299文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集