メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「eスポーツを次への成長の場に」 全国高校サッカー常連校がオンライン大会出場へ

 日ごろピッチを駆け巡っている高校サッカー部の選手らがサッカーゲームで対戦するeスポーツの大会が20日、北九州市などで開かれる。新型コロナウイルスの感染拡大で全国高校総体(インターハイ)が中止になり、一時は全国高校サッカー選手権も開催が危ぶまれた選手らにとって、大会は心を奮い立たせてくれる目標の一つだった。全国高校サッカーは地方予選が無事始まり、選手らは待ちに待った晴れ舞台をイメージしながらeスポーツでの活躍も目指す。

 出場するのは全国高校サッカー常連校の高川学園(山口県防府市)の他、豊国学園(北九州市)、福翔(福岡市)、福智(福岡県田川市)の各サッカー部。加えて日本文理大付(大分県佐伯市)と京都広学館(京都府精華町)は、全国大会出場経験があるeスポーツ部が参戦する。

この記事は有料記事です。

残り961文字(全文1299文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです