メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ禍の「常識」は本当か?

 何事も(もちろん「科学」の分野でも)「常識らしきもの」は時代と共に変貌する。 例えば「手洗いの常識」である。しかし、19世紀には手洗いはむしろ〝非常識〟だった。 1840年代のヨーロッパ。子どもを産んだばかりの母親が「産褥(さんじょく)熱」で次々に亡くなった。ハンガリー人の医師、ゼンメルワイス・イグナーツは、その原因を調査した。彼が勤めていたオーストリアのウィーン総合病院には二つの産科病棟があった。

 一方は男性医師たちが、他方は女性助産師たちが別々に担当していた。何故か、助産師が赤ちゃんを取り上げた病棟では産褥熱での死亡率がやたら低かった。

この記事は有料記事です。

残り2273文字(全文2563文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  3. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

  4. 松竹新喜劇の渋谷天外さん新型コロナ感染 和歌山の病院に入院

  5. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです