メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・課長補佐時代

外務省経済局長 四方敬之(57)

四方敬之氏

対話力の貴重な土台づくり

 私の課長補佐時代の始まりは、外務省人事課で、その後北米第2課、中東第2課、OECD日本政府代表部を経て大臣官房総務課で務めました。1995年から97年にかけての北米第2課時代は、半導体や規制緩和等の日米通商・経済協議、「日米コモン・アジェンダ」という地球規模課題における日米協力、日米首脳会談に向けての経済分野の準備と幅広い業務を担当し、課長補佐時代の中では特に思い出深い日々です。最初の1年間、集中的に取り組んだのは日米半導体交渉で、96年7月に期限切れを迎える日米半導体協定に代わり、新たな多国間の枠組みづくりに向けた交渉を行いました。そのための日米協議は原則第三国で行うこととし、当時の通産省のチームと常に一緒に海外出張し、96年夏の最終局面では協定失効が迫…

この記事は有料記事です。

残り518文字(全文863文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 光を放つ800系 公募「願いごと」を装飾 九州新幹線全線開業10年で特別運行

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. コロナ刑事罰削除で与野党合意 懲役刑、罰金刑ともに 感染症法改正案

  5. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです