メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・食×農×福

報徳思想 二宮尊徳に学ぶ

徳島県三好市の旧西岡小学校の二宮尊徳の像。同小から戦後、子供民生委員の活動が生まれた。同小は13年3月末で廃校になった。

 コロナ禍の中で暮らすために先達に学ぶ必要がありそうだ。そこで、前号の白洲次郎とは異なる生き方を学ぶために、二宮尊徳(金次郎)について考えてみたい。

 江戸時代末期にあって、経世済民を目指して報徳思想を唱え、報徳仕法と呼ばれる農村復興政策を指導した二宮尊徳(1787~1856)は、現在の神奈川県小田原市栢山(かやま)に生まれた。

 尊徳が4歳の時の1791年8月5日、南関東を襲った暴風で、付近を流れる酒匂川の坂口の堤が決壊し、尊徳の住む東栢山一帯が濁流に押し流されてしまった。そのため家の田畑は砂礫と化した。両親は開墾に従事して田畑は数年で復旧したが、借財を抱えて貧しかったという。

この記事は有料記事です。

残り934文字(全文1225文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・戸田中央総合病院のクラスター、感染者310人に 新型コロナ

  2. 転院迫られる妊婦約200人「頭が真っ白に」 コロナ集中的受け入れの都立広尾病院

  3. コロナで変わる世界 国家ぐるみの偽情報にどう立ち向かう? インテリジェンス研究者に聞く

  4. 新型コロナ 世界の死者数200万人超える 3カ月半で倍増 米は最多39万人

  5. 「都構想説明パンフは違法」 大阪市長らに約1億円返還求め住民訴訟

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです