メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・パラスポーツ

落合啓士・松本山雅BFC監督

ブラインドサッカー日本代表時代の落合啓士さん=東京都新宿区で16年2月23日

視覚障害者の職域を広げたい

 2009年6月に設立された信州唯一のブラインドサッカー(ブラサカ)クラブ「長野レインボー」が今年8月、J2松本山雅の傘下として活動を始めた。改称後の「松本山雅BFC(ブラインド・フットボール・クラブ)」の初代監督には、ブラサカ元日本代表主将の落合啓士(43)=全盲=が就いた。ユーチューバーであり、インターネット音声メディアのパーソナリティーでもある新監督は「3年後に日本代表を出し、日本一のタイトルを獲りたい」と語る傍ら、「視覚障害者の職域を広げたい」とも話す。

 横浜市の出身。キャプテン翼にあこがれたサッカー少年は、10歳ごろからだんだんと視力が落ちた。地元高校に入学後、アルバイトをした宅配すし店での仕事にやりがいを感じて退学。だが、マグロとサーモンの区別がつかなくなるほど、さらに見えなくなり、退職した。

この記事は有料記事です。

残り1067文字(全文1437文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センバツ21世紀枠候補・知内 過疎の町の宝が掲げる「全員が脇役、全員が主役」

  2. センバツ21世紀枠 候補校紹介/1 知内(北海道) 「聖地」再訪へ、打撃強化

  3. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  4. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  5. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです