メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・視点

早稲田大学マニフェスト研究所ローカル・マネージャー(兼)招聘研究員 長内紳悟

長内紳悟氏

地方議会改革の対象は何か 時代とともに時代をリードする変革へ

 新型コロナウイルス感染拡大への対策を巡って、政府や国会議員、地方の知事・市長は連日のようにテレビで見かけるが、地方議会や地方議員を目にすることはない。行政トップのリーダーシップも必要であるが、住民にとって身近なはずの地方議会を閉会したままで民意の反映はいつどこで行われるのだろうか。住民が困っている今この時に議論してもらいたいことがあるはずである。地方議会への住民批判はこうしたところから来るのかもしれない。

 1999年に始まった平成の合併で、2005年をピークに10年間で1500以上の地方公共団体(以後「自治体」)が消えた。合併効果として期待された自治体職員の適正配置(3人を2人に)や公共施設の統廃合(3施設を2施設に)といった行財政の効率化改革が議会にも取り入れられ、例えばそれぞれ15人いた二つの町の議員は、合併で30人を20人に減らした。

この記事は有料記事です。

残り2523文字(全文2929文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

  5. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです