メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

「MANGA都市TOKYO」展 作品に投影された東京 マンガ・アニメ・ゲーム・特撮

巨大な東京のジオラマと「AKIRA」などの映像が来場者を迎える=上野則宏撮影

 漫画やアニメーション、コンピューターゲーム、特撮は日本の得意分野とされる。それらの名作と東京との関係性を探る「MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・アニメ・ゲーム・特撮2020」展が、東京・六本木の国立新美術館で開かれている。世界有数のメトロポリスが見せる多彩な様相はいかに作品の中に映し込まれているのか。物語や登場キャラクターのイメージは都市にどのように還流していくのか。今展はさまざまな角度から提示する。

この記事は有料記事です。

残り1022文字(全文1230文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見過ごせない菅首相の乱暴な言説 普天間移設の歴史に二つの「反故」

  2. 「欅坂46」から「櫻坂46」に 新グループ名発表

  3. 五輪招致疑惑、IOC委員側に3700万円 コンサル口座から

  4. 洋館はレーモンド設計? モンテローザ経営の会社「情報求む」 横浜・山手

  5. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです