メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

IOC会長「五輪、安全確保原則」 「開催」発言、沈静化図る

国際オリンピック委員会の理事会後、記者会見するトーマス・バッハ会長=ローザンヌで2020年9月9日、IOC提供・共同

 国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は9日、新型コロナウイルスの影響で来夏に延期された東京オリンピックについて、安全な環境でのみ開催する考えを強調した。理事会後のオンラインでの記者会見で「安全を確保する原則を守る」と述べ、今後数週間で感染防止策を集中的に協議していく方針を示した。

 開催を巡っては、大会準備を監督する調整委員長を務めるIOCのジョン・コーツ副会長がAFP通信に「大会はウイルスがあろうとなかろうと来年7月23日に開幕する」と発言したことが7日に報じられ、波紋を広げていた。記者会見に先立ち、IO…

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文663文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  2. サッカー 新型コロナ なでしこ唯一の海外組・熊谷、隔離免除で合宿「感謝」

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 山形眼科医殺害 被告が殺意否認 地裁初公判

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです