東日本大震災

福島第1原発事故 処理水問題 具体的な説明求める 3県知事ら政府に意見 /福島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京電力福島第1原発にたまり続ける汚染処理水の処分方法について、政府が9日開催した6回目の意見を聞く会合。出席した茨城、宮城、千葉各県の知事らが、政府や東電に対して住民が抱く不信感に言及したり、議論の経緯が十分説明されていないと批判したりするなど、厳しい声が相次いだ。

 意見を聞く会合で、県外の自治体関係者の出席は初めて。茨城県の大井川和彦知事は、政府に対して納得できる説明をするよう要望した。海洋放出と大気放出を現…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文524文字)

あわせて読みたい

注目の特集