メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 原発処理水 風評被害、具体的対策を 政府テレビ会議で知事 /茨城

テレビ会議で東京電力福島第1原発から発生する汚染処理水の取り扱いについて意見を述べる大井川和彦知事=茨城県庁で

 東京電力福島第1原発の構内にたまり続ける汚染処理水の取り扱いについて、政府が関係者の意見を聞く会合が9日、テレビ会議で開催された。政府小委員会は処理水の海洋放出を現実的な選択肢の一つとしており、会議に出席した大井川和彦知事は「国が(漁業者に)具体的な風評被害対策を説明すべきだ」などと要求した。

 福島第1では、壊れた原子炉建屋に地下水が流入し、溶け落ちた核燃料に触れるなどして汚染水が発生している。浄化装置で処理しても放射性トリチウムだけ取り除けず、処理水は構内の貯水タンクにためている。政府小委員会は今年2月、処理水の処理は海洋放出か大気放出…

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文684文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 発症10日後には職場復帰できるはずなのに…「万一のため」自宅待機のなぜ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. 自衛隊から不満の声 出口なき中東派遣 「なし崩しの延長」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです