メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 原発処理水 風評被害、具体的対策を 政府テレビ会議で知事 /茨城

テレビ会議で東京電力福島第1原発から発生する汚染処理水の取り扱いについて意見を述べる大井川和彦知事=茨城県庁で

 東京電力福島第1原発の構内にたまり続ける汚染処理水の取り扱いについて、政府が関係者の意見を聞く会合が9日、テレビ会議で開催された。政府小委員会は処理水の海洋放出を現実的な選択肢の一つとしており、会議に出席した大井川和彦知事は「国が(漁業者に)具体的な風評被害対策を説明すべきだ」などと要求した。

 福島第1では、壊れた原子炉建屋に地下水が流入し、溶け落ちた核燃料に触れるなどして汚染水が発生している。浄化装置で処理しても放射性トリチウムだけ取り除けず、処理水は構内の貯水タンクにためている。政府小委員会は今年2月、処理水の処理は海洋放出か大気放出…

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文684文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  2. 羽生善治九段、藤井聡太2冠に80手で公式戦初勝利 王将戦リーグ

  3. J1神戸のフィンク監督が退任 後任はマルコス・ビベスコーチ

  4. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです