秋季高校野球

県大会 関根学園、サヨナラ勝ち 北越もコールドで /新潟

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【新潟明訓ー佐渡】二回表新潟明訓無死二塁、高橋(中央)が阿部の適時打で生還(捕手・河原)=新潟市西区のみどりと森の運動公園野球場で 拡大
【新潟明訓ー佐渡】二回表新潟明訓無死二塁、高橋(中央)が阿部の適時打で生還(捕手・河原)=新潟市西区のみどりと森の運動公園野球場で

 第143回北信越地区高校野球県大会(県高野連など主催)は9日、新潟市西区のみどりと森の運動公園野球場など4球場で2回戦12試合があった。昨秋優勝の北越はコールド勝ち、関根学園はサヨナラ勝ちで、3回戦に駒を進めた。【池田真由香】

 同球場では2回戦3試合があった。

 1試合目は新潟商が敬和学園を37―0で降した。五回には打者20人で14点を奪う猛攻。守備でも無安打に抑えた。敬和学園は13失策、3暴投とミスが響いた。

 2試合目は新潟明訓が一回に打者一巡の猛攻で5点を奪って主導権を握り、そのまま試合を決めた。佐渡は三回の1死満塁のピンチをしのぐも、打線の援護がなかった。佐渡の前山隼人監督は「先発の金子凌が力んでしまった」と悔やんだ。

 3試合目は新発田中央が新潟第一を終盤に突き放した。序盤は1点を争うシーソーゲームだったが、六回に5安打を集めて3点を加えて再逆転した。新潟第一は六回の2死満塁の好機を生かせなかった。新潟第一の勝尾俊彦監督は「前半は守備もリズムがよく一度は逆転できた。一歩前進した」と選手をねぎらった。


 <新潟・みどりと森>

 ▽2回戦

新潟商  279514=37

敬和学園 0000 0=0

 (五回コールド)

 (新)武田、高橋遼、安宅―渡辺

 (敬)保科、村井―稲垣

▽本塁打 渡辺(新)

▽三塁打 後藤、白井(新)

▽二塁打 武田、山口、後藤、白井、高橋啓(新)

新潟明訓 521002=10

佐渡   000000=0

 (六回コールド)

 (新)柳下、飯浜―加藤

 (佐)金子凌、斎藤―河原

▽三塁打 高木、大滝(新)

▽二塁打 小黒、加藤(新)

新潟第一

  100200000=3

  20000313×=9

新発田中央

 (潟)菅原―大野

 (発)長谷川―本間一

▽本塁打 渡辺(発)

▽二塁打 田中(潟)本間一、原(発)

新潟第一の菅原朝陽投手(1年)=新潟市西区のみどりと森の運動公園野球場で 拡大
新潟第一の菅原朝陽投手(1年)=新潟市西区のみどりと森の運動公園野球場で

エースの重圧感じ

 ○…背負ったばかりの背番号1はうれしさより「緊張、責任を多く感じた」。新潟第一の菅原朝陽投手(1年)は安定したピッチングを勝尾俊彦監督に買われ、新チームでエースに起用された。

 今夏はベンチ入りしたものの出場機会はなく、これが公式戦初登板。「先輩たちの大会を自分が終わらせてしまったら」と重圧を感じながら投げたという。初回に1点リードを許したが、四回には自らの適時打で同点にした。しかし後半には、決めにいった内角の球を狙われ、打ち崩された。帽子のつばに書いた「笑顔」になれなくなっていき、体力不足を実感した。

 課題は直球の強化とメンタル面。「ピンチの場面にゆとりを持てるようにしたい」と、この冬にさらに成長する覚悟だ。

 <新発田・五十公野>

 ▽2回戦

豊中

  00000000=0

  10100221=7

新発田商

 (八回コールド)

 ※豊中は豊栄、中条の連合チーム

 (豊)五十嵐―堂谷

 (新)渡辺―和佐田

▽三塁打 中倉(新)

▽二塁打 遠藤(新)

新発田農

  001200300=6

  130000000=4

新潟向陽

 (発)中西―高橋

 (潟)磯貝―本間

▽三塁打 本間2、中村(潟)

▽二塁打 伊藤、本間、中村(潟)

新潟青陵 0000000=0

北越   013300×=7

 (七回コールド)

 (新)阿部、村山―横山

 (北)宮下、長田、丸山、本間―小川

▽三塁打 本間、小川、稲村(北)

 <長岡・悠久山>

 ▽2回戦

柏崎

  3213210=12

  0002101=4

新潟県央工

 (七回コールド)

 (柏)渡辺―若月

 (新)倉持、中山、長谷部、倉持―坂井

▽三塁打 若月(柏)

▽二塁打 星野(柏)石井圭、目黒斗(新)

三条東 1330200=9

小出  0000110=2

 (七回コールド)

 (三)青木―渋谷琉

 (小)腰越、大平―細矢

▽三塁打 森2(三)中島(小)

▽二塁打 大桃涼(三)

加分阿白吉

  210010310=8

  12024112×=13

高田北城

 ※加分阿白吉は加茂、分水、阿賀野、白根、吉田の連合チーム

 (加)栢森、平原、早川―佐藤

 (高)高沢、太田―布施、高沢

▽三塁打 栢森(加)野口(高)

▽二塁打 早川(加)野口2、高沢(高)

 <柏崎・佐藤池>

 ▽2回戦

長岡向陵

  000200010=3

  02011111×=7

高田

 (長)近藤、安立―関凜

 (高)安達、高宮、高橋悠―歌川

▽三塁打 黒田(長)歌川、飯長(高)

▽二塁打 歌川(高)

長岡工

  3000300000=6

  1110002011=7

関根学園

 (延長十回)

 (長)栗田―倉持

 (関)田原、牧野―大竹

▽二塁打 姉崎、番場(長)滝沢(関)

帝京長岡  3502000=10

糸魚川   0010011=3

 (七回コールド)

 (帝)工藤、大川、田、渋谷―田中大

 (糸)山崎、細井蓮―丸山、小川

▽三塁打 大川、幌村(帝)小川(糸)

▽二塁打 田中大(帝)横井(糸)

あわせて読みたい