メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県産素材マカロン人気 伊勢茶や粒あん… シェフ「新しい味に挑戦」 鳥羽国際ホテル /三重

カラフルで見た目も可愛い新商品「MACARON M」=三重県鳥羽市鳥羽1の鳥羽国際ホテルで

 鳥羽国際ホテル(鳥羽市鳥羽1)が8月から販売している県産素材を使った新商品「MACARON M(マカロン エム)」が人気を集めている。伊勢茶やマイヤーレモンなどの素材を使い、食感にもこだわった。「これまでのマカロンの概念がくつがえった」とリピーターが続出しているという。【小沢由紀】

 考案したのは4月に着任した「ペストリーシェフ」の山本晋也さん(42)。着任早々、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で同ホテルは休業を余儀なくされ、空いた時間を生かして新たなオリジナルスイーツ作りに取り組んだ。

 マカロンは山本さんが一番得意な菓子。前任地の大阪のホテルでフランス人のシェフから教わり、「フランスでも通用する」と太鼓判を押された腕前だ。

この記事は有料記事です。

残り325文字(全文642文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 核禁条約発効 廃絶に向け思考停止から脱しなければ 中満泉・国連事務次長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです