メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県産酒米、稲刈りを 箕曲地区で12日イベント 名張 /三重

はさがけをする参加者ら=三重県名張市で2018年9月、広瀬晃子撮影

 名張市箕曲地区のまちづくり組織「箕曲地域づくり委員会」が育てた県産酒米「神の穂」の稲刈りイベントが12日、同市夏見の「澤佐酒造」前の田んぼで開かれる。8回目となる今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、収穫終了後に恒例となっていた昼食イベントは中止する。荒天の場合は13日に延期する。

 同委員会では、地酒の地域ブランド化を目的に201…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文427文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 南西諸島でゴキブリ新種見つかる 国内で35年ぶり 多様性解明に一歩近づく

  2. 大学爆破予告容疑で阪大院生を再逮捕 「恒心教」名乗り繰り返す? 警視庁

  3. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  4. 三菱重工広島が初回に2点先制 松永、松原が連続適時二塁打 都市対抗

  5. 東京都、飲食店などに時短要請へ 25日午後5時からの記者会見で公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです