メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おじゃまします

ホワイトラブ 卵4個分、ふわふわサンド /大阪

 ふわふわの厚焼きオムレツをパンに挟んだ卵サンドの名店が7月1日、空堀商店街にオープンした。熱々サンドのほか、スムージーのように濃厚なミックスジュースやバナナジュースも作りたてをその場でいただける。テークアウトも可能。

 1食(4切れ)に使われる卵はLサイズで約4個分。マヨネーズや牛乳などを加えて焼かれたオムレツは厚さ5センチほどで、ずっしりと重い。材料がシンプルで、卵本来の甘みや優しい風味をそのまま味わうことができる。

 2年前まで兵庫県尼崎市内で店舗を構えていたが、厚焼き卵サンドが評判を呼び、近畿一円のさまざまな百貨店の催事に出店するようになった。1日500食が売れることもあるという。百貨店に出店するには厳しい安全衛生基準を満たす必要があり、店長の小柴光貴(たいき)さん(26)は「味だけでなく、安全面でも自信がある」と胸を張る。現在もほぼ毎週、各地の百貨店に出店している。

この記事は有料記事です。

残り143文字(全文534文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 再選択2020~私の見方 東京一極集中は「けったくそ悪い」 漫才師・西川のりおさん 大阪都構想住民投票

  5. 毎日新聞に「嵐」の二宮さん iPhone広告で全国紙5紙に1人ずつ掲載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです