メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

役立つ住宅情報

櫻井幸雄の住アドバイス 北区役所建て替え 周辺マンションにも注目

 緊急事態宣言が解除されてから、マンション市況はめまぐるしく変化している。まず「郊外で、安く広い」マンションが人気を高めた。次いで、通勤に便利で価格に納得感のある準都心エリアのマンションが注目されるようになった。

 私が準都心と位置づけるのは、東京23区内でJR山手線の外側に位置する場所。その準都心で近年、人気急上昇の場所が北区だろう。便利なのに目を付ける人が少ない「穴場」だったことが人気の理由だ。これまで北区の代表地といえば、JR京浜東北線ほかが利用できる赤羽駅周辺だった。

 しかし、今注目したいのは、JR京浜東北線で赤羽から二つ都心寄りの駅「王子」である。王子駅に注目する理由は、街の将来性の高さにある。そもそも王子駅の近くには歴史ある飛鳥山公園があり、北区役所も王子駅近くに所在。その北区役所庁舎は老朽化しており、移転・新築が決まっている。

この記事は有料記事です。

残り670文字(全文1044文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

  2. NHK、総務省提案の受信料義務化に慎重姿勢 「支払いは視聴者理解のもと」

  3. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  4. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  5. 「はじめの一歩」船田元 「イエス」だけで固めるなら学術会議の価値がなくなる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです