メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

父母「産後うつ」リスク、年3万世帯 1歳未満の子がいる家庭 研究チーム「働き方改革、必要」

 1歳未満の子どもがいる家庭で、父母が同時にうつ病などメンタルヘルス不調のリスクを抱えるケースが全国で年約3万世帯に上る可能性があるとの分析結果を、国立成育医療研究センターの研究チームが英科学誌サイエンティフィック・リポーツに発表した。チームは養育環境の悪化が懸念されるとし、「母子支援に加え、父親の健康管理などの体制整備が重要だ」と指摘している。

 チームは厚生労働省の国民生活基礎調査(2016年)のうち、健康に関する調査への回答(22万4208世帯)から、父母と1歳未満の子どもがいる3514世帯を抽出。うつ病のリスクなどメンタルヘルスについて尋ねた項目の回答を分析した。

この記事は有料記事です。

残り385文字(全文673文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  2. 西武、異例の8人リレーで最少失点 二回にリリーフの中塚「正直びっくり」

  3. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  4. 不仲の夫の食事に洗剤 暴行容疑で妻を書類送検 神奈川県警

  5. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです