メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしの明日

私の社会保障論 「かくれ脱水」に注意=白十字訪問看護ステーション統括所長・秋山正子

 「マスク熱中症」という言葉を聞くようになった。新型コロナウイルスの感染予防のため、常日ごろマスクをつけて過ごしていることが影響して、熱中症になることを指す。今年は梅雨明けが遅く、明けたら熱帯夜と猛暑の日々。そこに新型コロナの感染予防のためのマスクの着用で、ますます暑さを感じてしまう。

 マスクをすると、口腔(こうくう)内に熱がこもりやすくなる。人間の吐く息には水分も含まれるため、口の周りの湿度も上がり、喉の渇きを感じづらくなる。知らないうちに脱水が進み、熱中症のリスクにつながる。感染予防で「マスクを外せない」と思うあまり、自然と水分補給を避けてしまうことも脱水の一因になる。

 今年の夏の熱中症による搬送者数は、昨年同期をはるかに超え、死者数も多くなっている。屋外ではなく、屋内での発症も目立ち、特に死亡例は高齢者に多くみられる。

この記事は有料記事です。

残り545文字(全文912文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 転院迫られる妊婦約200人「頭が真っ白に」 コロナ集中的受け入れの都立広尾病院

  2. 埼玉・戸田中央総合病院のクラスター、感染者310人に 新型コロナ

  3. コロナで「困っています」物乞いする35歳 うつむく困窮者に届かぬ支援

  4. 北海道1会場、雪で16日の共通テスト中止 まるごと再試験は共通1次以来初

  5. 大学入学共通テストは英文字入ったマスク禁止 でもSHARPマスクは「使えます」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです