メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

点字毎日 「三方よし」の精神示す 日盲社協の決議文、アピール文

 日本盲人社会福祉施設協議会(日盲社協)はこのほど、各事業部会が採択した今年度の決議文とアピール文を書面で発表した。本来であれば、6月に滋賀県彦根市で開催予定だった「第68回全国盲人福祉施設大会」で採択するものだが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて大会中止を決めたため、書面での採択・発表となった。

 今年度のアピール文は、新型コロナの影響を強く受けたものとなっている。視覚障害当事者からは「生活訓練を受けられない」「作業所へ通所できない」「同行援護を利用できない」「給付金が申請できない」などという不安の声が漏れる。一方、施設側も収入の減少、感染を防ぐための整備、職員の勤務体制の変更、ボランティアの活動休止など、運営の在り方を見つめ直す必要に迫られている。これらを踏まえ、舛尾政美理事長(84、全…

この記事は有料記事です。

残り528文字(全文879文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 04年政府文書「首相の任命拒否想定しない」 学術会議、現行の推薦方式導入時に

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

  5. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです