メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

村上正邦元労相が死去 88歳 「参院のドン」KSD事件で議員辞職、保守論客

村上正邦元労相

 自民党参院議員会長や労相などを歴任した元参院議員の村上正邦(むらかみ・まさくに)さんが10日午前、埼玉県朝霞市の病院で死去した。88歳。

 1932年、福岡県生まれ。拓殖大卒業後、会社勤務などを経て80年の参院選全国区(当時)で初当選し、92年に労相に就任。その後も自民党参院幹事長、「志帥会」(現二階派)会長、参院議員会長を歴任し、「参院のドン」とも呼ばれた。2000年に森政権を誕生させた「5人組」の一人といわれる。

 国会質問を巡り現金を受領したなどとされる旧ケーエスデー中小企業経営者福祉事業団(KSD)事件で01年に議員辞職。後に受託収賄容疑で逮捕され、実刑判決が確定した。晩年は保守の論客として活躍した。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 新閣僚「人となり報道」は本当に必要か? 香港からの問いかけ

  3. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  4. 自民・高鳥衆院議員が新型コロナに感染 国会議員で初

  5. 東京で新たに220人の感染確認 200人超えは6日ぶり 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです