メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

政権交代へ「安心感が必要」「したたかさを」「格差問題核に」 合流新党に期待

新党は政権の選択肢になりえるか

 立憲民主、国民民主両党などによる合流新党の代表選が10日投開票され、代表に立憲の枝野幸男代表(56)が選ばれた。旧民主党がいったんは政権交代を果たした2009年から11年。離合集散を繰り返してきた過去を乗り越え、新党は国民の信頼を勝ち取り、政権の選択肢となるのだろうか。旧民主党と関わりが深い3人に聞いた。

 旧民主党の政策ブレーンで、野党共闘を仲介する市民連合の呼びかけ人でもある法政大教授…

この記事は有料記事です。

残り1311文字(全文1507文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』関連作品がデジタルシングルTOP3を独占[オリコンランキング]

  2. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  3. 米総領事館、香港の活動家4人の政治亡命を拒絶 米中対立を避ける思惑か

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです