与党冷ややか「寄せ集め」 野党は選挙協力に期待 合流新党代表に枝野氏

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
合流新党の代表・党名選挙で投票する枝野幸男氏=東京都内のホテルで2020年9月10日午後1時32分、竹内幹撮影
合流新党の代表・党名選挙で投票する枝野幸男氏=東京都内のホテルで2020年9月10日午後1時32分、竹内幹撮影

 立憲民主、国民民主両党などによる合流新党の新代表に立憲の枝野幸男代表が選ばれた10日、自民党からは「離合集散」の繰り返しに対する冷ややかな反応が相次いだ。一方、野党からは次期衆院選での選挙協力に期待する声も聞かれた。

 枝野氏は、自民総裁選で優勢な菅義偉官房長官の政策「自助、共助、公助」を「政治家が自助と言っては責任放棄だ」と批判するなど、早くも菅氏との対立軸を強調し始めている。これに対し、菅氏は10日の記者会見で、枝野氏の選出など合流新党に関する質問を3回受けたが、いずれも「政府としてはコメントを控える」と繰り返…

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文652文字)

あわせて読みたい

注目の特集