メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

権限は巨大 どうなる官房長官人事 本命は… 菅氏「人事は適材適所で」

自民党内で取り沙汰される官房長官候補たち

 自民党総裁選(14日投開票)で菅義偉官房長官(71)の優勢が続く中、党内では「菅政権」の人事に注目が集まっている。最大の焦点は7年8カ月の安倍政権を屋台骨として支えた菅氏の後任の官房長官で、菅氏に近い森山裕国対委員長(75)や梶山弘志経済産業相(64)、河野太郎防衛相(57)らを推す声が上がっている。

 「人事は、適材適所でやるもんだろう」。菅氏は8日の記者会見で派閥均衡型の人事はしないと宣言。「改革意欲のある人」「専門的立場の人」を優先的に起用するとした。

 官房長官については、森山氏や梶山氏が取り沙汰…

この記事は有料記事です。

残り712文字(全文966文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 体操・内村が新型コロナ感染

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  4. 首相、杉田氏発言巡り「政治家は自ら襟を正すべきだ」

  5. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです