メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル平和賞にトランプ氏推薦 異例の政府発表 米大統領選のアピールか

ホワイトハウスの執務室でイスラエルとUAEの国交正常化への合意を発表するトランプ米大統領(中央)。右隣はクシュナー大統領上級顧問=米ワシントンで2020年8月13日、AP

[PR]

 米ホワイトハウスは9日、トランプ大統領がイスラエルとアラブ首長国連邦(UAE)の国交正常化を仲介した功績で2021年のノーベル平和賞に推薦されたと発表した。ホワイトハウスは声明で「この歴史的な進展は、中東の和平に向けた過去25年以上で最も重要な一歩だ」と成果を強調。トランプ氏も、自身のツイッターに「推薦」を伝える報道などを次々に転載し、「ありがとう」と書き込んだ。

 推薦段階での政府の公式発表は異例で、11月の大統領選に向けて外交面で成果を上げていることをアピールする狙いがあるとみられている。

 AP通信などによると、トランプ氏を推薦したのは、移民の受け入れに強く反対しているノルウェー国会の右派系のティブリンイエッダ議員。ティブリンイエッダ氏は初の米朝首脳会談があった18年にもトランプ氏をノーベル平和賞に推薦した。

 15日にはイスラエルとUAEの代表をワシントンに招いて、国交正常化に関する文書の署名式が行われる予定。【ワシントン古本陽荘】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

  3. 最速154キロでも公式戦出られず 異例の「準硬式」投手にスカウト注目

  4. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  5. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです