ノーベル賞の本庶教授が申告漏れ 受け取り保留の特許使用料22億円

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
本庶佑・京都大特別教授=京都市左京区で2019年4月10日午後4時32分、川平愛撮影
本庶佑・京都大特別教授=京都市左京区で2019年4月10日午後4時32分、川平愛撮影

 ノーベル医学生理学賞を受賞した本庶佑(ほんじょたすく)・京都大特別教授が、がん免疫治療薬「オプジーボ」を製造販売する小野薬品工業(大阪市)から支払われた特許使用料の分配金について、大阪国税局から2018年までの4年間で約22億円の申告漏れを指摘された。関係者への取材で判明した。本庶氏は分配金が少ないとして受け取りを保留し、同社が全額を法務局に供託しているが、国税局は所得として課税対象になると判断した模様だ。すでに修正申告し…

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文537文字)

あわせて読みたい

注目の特集