メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オンラインで赤ちゃんに「こんにちは」 阪大が新面会システム構築へCF

 新型コロナウイルスの感染防止のため出生後の赤ちゃんに会えない家族向けに、大阪大病院(大阪府吹田市)が「オンライン面会システム」の開設準備を進めている。保育器の近くにカメラを設置し、インターネット経由で24時間、パソコンなどから赤ちゃんの様子を見ることができる。システム構築のため、インターネットで寄付を募るクラウドファンディング(CF)で資金を集め、2021年1月の開始を目指す。

 阪大病院では20年3月末まで、同病院で生まれた赤ちゃんに、きょうだいや祖父母でも回数や時間制限なしで面会できた。しかし、院内感染を防ぐため、4~6月は面会を全面的に禁止。現在は両親のみ、午前10時~午後6時の間に1日1回30分間に制限している。

この記事は有料記事です。

残り573文字(全文887文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. JR東が終電繰り上げ、最大37分 来春、首都圏17路線

  3. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  4. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  5. 選手村マンション オリンピック延期で無人でも夜に照明 電気代どこから?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです