メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災10年へ

自治体の地域防災計画「修正」9割 感染症対策 コロナで対応加速 毎日新聞調査

段ボール製のベッドと間仕切りの設営方法を実演する石巻赤十字病院の植田信策副院長(中央)=同病院で2020年6月24日、百武信幸撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、毎日新聞が47都道府県・20政令市・23特別区の計90自治体に地域防災計画の感染症対策の見直しについて尋ねたところ、9割超の83自治体が「修正した」「修正を予定(または検討)している」とした。11日に発生から9年半となる東日本大震災では、避難所でインフルエンザなどの集団感染が発生したが、自治体の対策は十分に進んでこなかった。専門家はコロナ拡大を機に、避難生活のあり方を抜本的に改善すべきだと指摘している。

 大震災直後、避難所では過密状態の中でインフルエンザやノロウイルスの集団感染が相次いで発生。同一避難所で200人超が症状を訴えたケースもあり、医師らが隔離や投薬で感染拡大を防いだ。その後、国は避難所の健康管理に関する指針などを策定した。

この記事は有料記事です。

残り792文字(全文1132文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  2. 行方不明者捜索中に「逃走」の警察犬クレバ 兵庫県警捜査員が無事保護

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  5. 漫画で解説 JAL再上場の巻

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです