連載

ファクトチェック

「非党派性・公正性」などの国際的原則のもと、社会に広がる情報が事実かどうかを調べ、正確な情報を読者に伝えます。

連載一覧

ファクトチェック

「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 生活保護の「最低ライン」が「月額29万円」とする情報が、ツイッターで拡散されている。これは9月6日に投稿され、9日時点で約4万8000回リツイートされ、「いいね」は14万件以上付いている。しかし、厚生労働省によると、生活保護は世帯の構成や収入によって額が異なり、一律の支給額はない。さらに、厚労省が示す生活保護の事例は、いずれも月額29万円より少なく、最低ラインが月額29万円という投稿は不正確だ。なぜこのような投稿が広がっているのか。【木許はるみ/統合デジタル取材センター】

 この情報は、フォロワーが6000を超える「肉体労働者」というアカウントが6日、次のように投稿した。「月額29万円の生活保護がおかしいのは確かだが、国から29万円が最低ラインとして支出されるというなら、最低賃金だって22日の8時間労働で手取り29万円行かないのを行政指導するべきではないのか…」。ツイッターで拡散されたほか、ネット上の情報などを掲載する「まとめサイト」にも転載された。この情報に基づいて「もらい過ぎだろ」などと高額であることを批判する書き込みが相次いだほか、最低賃金の引き上げを求める声や、「単身者で29万円はないはず」といった内容に疑問を呈する指摘もあった。

都内、3人家族でも29万円に満たず

 まず、生活保護費がどのように決まるかを調べてみよう。…

この記事は有料記事です。

残り1524文字(全文2095文字)

あわせて読みたい

注目の特集