「安全な環境でのみ五輪開催」 IOCバッハ会長 感染防止策を集中協議へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
IOCのバッハ会長=スクリーンショットから
IOCのバッハ会長=スクリーンショットから

 国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は9日、新型コロナウイルスの影響で来夏に延期された東京オリンピックについて、安全な環境でのみ開催する考えを強調した。理事会後のオンラインでの記者会見で「安全を確保する原則を守る」と述べ、今後数週間で感染防止策を集中的に協議していく方針を示した。

 開催を巡っては、大会準備を監督する調整委員長を務めるIOCのジョン・コーツ副会長がAFP通信に「大会はウイルスがあろうとなかろうと来年7月23日に開幕する」と発言したことが7日に報じられ、波紋を広げていた。記者会見に先立ち、IO…

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文663文字)

あわせて読みたい

注目の特集