メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本選手初 金谷拓実が世界アマナンバーワンを受賞 男子ゴルフ

金谷拓実=山梨県の富士桜CCで9月6日(代表撮影)

 日本ゴルフ協会は10日、競技統括団体のロイヤル・アンド・エンシェント・クラブ(R&A)と米国ゴルフ協会(USGA)が、世界のアマチュアゴルファーのナンバーワン選手に与える「マコーマックメダル」の2020年受賞者に東北福祉大4年の金谷拓実(22)を選んだと発表した。07年に創設された同賞に日本選手が選ばれたのは初めて。

 金谷は18年にアジア・パシフィック・アマチュア選手権を制して翌19年のマスターズ・トーナメントに出場、予選通過を果たした。19年8月には世界アマチュアランキング1位になり、同11月には国内男子ツアーの三井住友VISA太平洋マスターズで優勝。最新のランキング(9日付)まで1位を維持していることが評価された。

この記事は有料記事です。

残り106文字(全文420文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 武田真治、インフルエンザ感染 ミュージカル『パレード』当面休演

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 「分断」につけこむロシアの情報戦 小泉悠氏が警告する日本の「甘さ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです