メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

玉ノ井部屋集団感染 秋場所「休場扱い」に救済策の可能性も 本来は「黒星」

力士の集団感染が発覚した大相撲の玉ノ井部屋=東京都足立区西新井で2020年9月10日

 大相撲秋場所(13日初日、東京・両国国技館)を目前に控え、相撲部屋での集団感染が明らかになった。日本相撲協会は10日、玉ノ井部屋の十両・富士東(33)=本名渋谷和由、東京都出身=と幕下以下の力士17人の計18人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。玉ノ井部屋では5日に幕下以下の力士の感染が判明しており、所属力士28人のうち、感染者は計19人に及んだ。同部屋がある東京都足立区はクラスター(感染者集団)として公表した。【村社拓信、黒川優】

 協会によると、感染した19人の力士のうち、12人は入院しているもののいずれも軽症で、症状がない残り7人は今後入院し治療する予定という。秋場所については、審判委員を務める師匠の玉ノ井親方(元大関・栃東)と所属力士全員が出場を見合わせる。取材に応じた芝田山広報部長(元横綱・大乃国)は「(全力士の休場で)部屋も封鎖しており、国技館でも感染防止に対応した衛生対策をやっている」と述べ、「秋場所の開催は問題…

この記事は有料記事です。

残り1370文字(全文1792文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「常勝ホンダ」投打かみ合い優勝 NTT東日本は先発・沼田踏ん張れず 都市対抗

  2. 安倍前首相、自身への事情聴取要請「聞いていない」 「桜」前夜祭

  3. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  4. 橋戸賞にホンダ井上 久慈賞はNTT東・向山 若獅子賞はホンダ朝山ら 都市対抗

  5. 大阪モデル赤信号点灯 吉村知事「医療非常事態宣言」 重症病床使用率66%

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです