特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

玉ノ井部屋集団感染 秋場所「休場扱い」に救済策の可能性も 本来は「黒星」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
力士の集団感染が発覚した大相撲の玉ノ井部屋=東京都足立区西新井で2020年9月10日
力士の集団感染が発覚した大相撲の玉ノ井部屋=東京都足立区西新井で2020年9月10日

 大相撲秋場所(13日初日、東京・両国国技館)を目前に控え、相撲部屋での集団感染が明らかになった。日本相撲協会は10日、玉ノ井部屋の十両・富士東(33)=本名渋谷和由、東京都出身=と幕下以下の力士17人の計18人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。玉ノ井部屋では5日に幕下以下の力士の感染が判明しており、所属力士28人のうち、感染者は計19人に及んだ。同部屋がある東京都足立区はクラスター(感染者集団)として公表した。【村社拓信、黒川優】

 協会によると、感染した19人の力士のうち、12人は入院しているもののいずれも軽症で、症状がない残り7人は今後入院し治療する予定という。秋場所については、審判委員を務める師匠の玉ノ井親方(元大関・栃東)と所属力士全員が出場を見合わせる。取材に応じた芝田山広報部長(元横綱・大乃国)は「(全力士の休場で)部屋も封鎖しており、国技館でも感染防止に対応した衛生対策をやっている」と述べ、「秋場所の開催は問題…

この記事は有料記事です。

残り1370文字(全文1792文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集