メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 上位に入る新作がないので、今年の夏興行を振り返ってみる。見えてきたのが、一部のヒット作品があった半面、全体では厳しさは変わっていないことだ。作品別では、4本が興行収入で10億円を超えた。例年とは比較しようもない低レベルだが、特に健闘した作品もあった。

 50億円を突破した「今日から俺は‼」と、35億円間近の「コンフィデンスマンJP」だ。座席を空けたチケット販売のなか、各シネコンはスクリーン数を増やして上映回数を多くした。作品が集中…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文543文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック中止を申し入れ 共産都議団「コロナ対策に集中を」

  2. 国民民主、独自の編成替え動議提出 現役世代への10万円給付要求 野党協調にも配慮

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです