連載

東日本大震災10年へ

東日本大震災は2021年3月で発生から丸10年の節目を迎える。

連載一覧

東日本大震災10年へ

福島第1原発事故 処理水処分法、早期決定を 与党、首相に提言 /福島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 与党は9日、東日本大震災復興に関する第9次提言を首相官邸で安倍晋三首相に手渡した。来年3月で発生から10年を迎える中、住民の帰還が進まない県沿岸部の再生を重視。福島第1原発で増え続けている処理水の処分方法を早期に決めることや、産業発展につながる支援などが必要と訴えている。

 首相は「『福島の再生なくして東北の再生なし』という原点を忘れずに、これからも継続的に取り組まなければならない」と述べた。

 処理水は放射性物質トリチウムを含んでおり、原発敷地内のタンクで貯蔵している。提言は、タンク増設には限りがあり、地元の双葉、大熊両町が早期解決を求めていることを考慮。処分方法の決定は「これ以上、先送りできない状態にある」と指摘した。

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文594文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集