メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

情報科教員目指す学生向けに講習会 10月4日オンラインで /神奈川

 高校の情報科教員を目指す学生に向けた講習会が10月4日、オンラインで開かれる。主催する一般社団法人「情報処理学会」が参加者を募っている。

 プログラミングなどを扱う情報科は2022年度から実施される高校の新学習指導要領に基づき、「情報Ⅰ」が必修化される。24年度の大学入学共通テストから新教科として追加されることが検討されている。同学会ではこうした流れを受け、情報科教員の資質向上をこれまで以上に進める方針を掲げている。

 講習会は毎年この時期に開かれており、今回で9回目。これまでの会場は東京都調布市の電気通信大だったが、新型コロナウイルスの感染防止のため、今回はウェブ会議システム「Zoom(ズーム)」を使ったオンライン形式とする。

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文547文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 伯和の新人・高正則が貴重な追加点 “未知の世界だった”仕事と両立でドーム目指す

  2. 都内で新たに212人感染確認 3日ぶり200人超え 新型コロナ

  3. ORICON NEWS 原田泰造、藤田まことさんの“はぐれ刑事”を受け継ぐ「シリーズ化したい」

  4. 着けたまま飲食できるフェースガード開発 「ラーメンも大丈夫」 群馬・渋川のグッズメーカー

  5. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです