拉致問題、進展なく「いら立ちを覚える」 曽我ひとみさん、明倫短大で講演 /新潟

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
講演で拉致被害者の早期救出を訴える曽我ひとみさん=新潟市で
講演で拉致被害者の早期救出を訴える曽我ひとみさん=新潟市で

 北朝鮮による拉致被害者の曽我ひとみさん(61)が7日、新潟市の明倫短大で講演した。拉致被害者や家族が高齢化する中、膠着(こうちゃく)状態が続くことに「いら立ちを覚える。もっと早く進展はないのかとついつい思う」とした上で「過酷な環境でも必死に生き抜く拉致被害者を、一日も早く救出してほしい」と訴えた。

 講演は新潟県が主催する「拉致問題啓発セ…

この記事は有料記事です。

残り183文字(全文353文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集