連載

コロナ時代の観光

毎日新聞デジタルの「コロナ時代の観光」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

コロナ時代の観光

北陸からの提言/1 観光振興の功罪 北陸先端科学技術大学院大学・敷田麻実教授 /石川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
北陸先端科学技術大学院大学の敷田麻実教授=同大で、阿部弘賢撮影
北陸先端科学技術大学院大学の敷田麻実教授=同大で、阿部弘賢撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大で、世界各地の観光地が大きな打撃を受けている。新しい生活様式の定着が求められる中、観光の姿はどう変わるのか。北陸で活動する専門家に課題や将来の展望を聞いた。【阿部弘賢】

問われる地域の責任

 ――コロナ禍で、日本の観光業はかつてない試練に直面している。この経験から得られるものは。

 敷田教授 昨年まで、まるでインバウンド(訪日外国人)が観光の「終着点」のように思い込み、その拡大によって観光振興や地域再生ができると過信してきた。グローバル社会の中では、観光産業は常にリスクと隣り合わせで成り立っていることを忘れていた反省は必要だろう。

この記事は有料記事です。

残り985文字(全文1265文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集