メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

MAINICHI芸術食堂

映画「窮鼠はチーズの夢を見る」 “ど真ん中”の恋愛映画 /愛知

映画の一場面。大伴恭一役を演じた大倉忠義さん(右)と、今ケ瀬渉役の成田凌さん。(c) 水城せとな・小学館/映画「窮鼠はチーズの夢を見る」製作委員会

 大倉忠義さんと成田凌さん。ぶつかり合う2人の俳優の実力と熱量に圧倒された。もちろん、その演技は演出や撮り方によって印象がガラリと変わる。行定勲監督の確かな手腕にも脱帽した。映画「窮鼠(きゅうそ)はチーズの夢を見る」(R15指定)は、「失恋ショコラティエ」や「脳内ポイズンベリー」の水城せとなさんによる傑作コミックを実写化した話題作だ。男同士の狂おしくも切ない恋を、繊細かつ大胆に、美しくリアルに描き出している。

 受け身の恋愛を繰り返してきた大伴恭一が、7年ぶりに大学の後輩である今ケ瀬渉と再会する。恭一の妻が依頼した浮気調査を請け負い、その証拠をつかんだ今ケ瀬は、事実を隠す代わりに“キス”を恭一に求める。今ケ瀬は学生時代から、ずっと恭一のことが好きだった。思わぬ告白に戸惑いを隠せない恭一も、次第に今ケ瀬のペースに乗せられ、2人は一緒に暮らし始める。今ケ瀬のひたすら真っすぐな思いに、恭一も少しずつ心を開いて…

この記事は有料記事です。

残り563文字(全文969文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  2. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  3. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  4. 風知草 鬼滅ブームと菅伝説=山田孝男

  5. ORICON NEWS キャンディーズの伝説のコンサートがデジタルリマスターで蘇る 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです