新型コロナ 国連事務次長から手紙 模擬国連神戸大会延期 落胆の学生喜び /兵庫

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
中満泉さんから激励の手紙を受け取った神戸市外国語大の椛山美生さん(左)と永尾崇晃さん=神戸市西区で、韓光勲撮影
中満泉さんから激励の手紙を受け取った神戸市外国語大の椛山美生さん(左)と永尾崇晃さん=神戸市西区で、韓光勲撮影

 「あなたのような若者が変化を成し遂げる力を持つのです」。そう励ます手紙を送ってくれたのは憧れの人だった――。11月に神戸市内で開催予定だった「模擬国連世界大会2020神戸大会」がコロナ禍で2022年に延期となった。準備に奔走していた神戸市外国語大の学生たちは落胆したが、国連事務次長の中満泉さんから激励の手紙が届いた。学生らは「外大生みんなの取り組みを評価されてうれしい」と喜び、後輩たちに託す。【韓光勲】

この記事は有料記事です。

残り1107文字(全文1311文字)

あわせて読みたい

注目の特集