新型コロナ マスクにアマビエ 蒔絵でデザイン、グッズ販売 海南・藤白神社 /和歌山

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
アマビエが蒔絵で描かれたマスク用アクセサリー。「藤白神社」の銘が入った特別製を販売している=和歌山県海南市藤白の藤白神社で、橋本陵汰撮影
アマビエが蒔絵で描かれたマスク用アクセサリー。「藤白神社」の銘が入った特別製を販売している=和歌山県海南市藤白の藤白神社で、橋本陵汰撮影

 新型コロナウイルスの終息を願い、海南市の藤白神社は9日、疫病を鎮めるとされる妖怪「アマビエ」を蒔絵(まきえ)でデザインした、マスク用アクセサリー「WAKUPITA(わくぴた)」の販売を始めた。わくぴたは既に市販されているが、同神社で販売するものは「藤白神社」の文字が入った特別製で、1個700円、限…

この記事は有料記事です。

残り226文字(全文376文字)

あわせて読みたい

ニュース特集